WPC、台北で開催された展示会で500人以上のイノベーターと開発者に訴求

6月16日、500人を超えるエンジニア、製品マネージャー、エグゼクティブが、ワイヤレス電力の展示会とセミナーが開催されるQi Developer Forumに参加しました。

WPCが主催したこの開発者向けフォーラムでは、安全かつ効率的で使いやすい製品を開発する方法について詳細な講演が行われ、製品開発者の理解に役立ちました。ここで紹介されたプレゼンテーション資料は、 当Webサイト  の「Qi Application Notes」で閲覧できます。

展示会を訪れた人々は、Qi対応ハンドバッグから、ワイヤレスで電力を伝送する次世代センサーまで、ワイヤレス電力のさまざまな用途を体験しました。

また、ワイヤレス電力製品が急速に発展を遂げている様子を目の当たりにすることができました。

  • 電力の増加:5W、15W、60W、2,000Wのシステム
  • 選択肢の増加:低価格のシングルコイル充電器から、充電対象を置く際の自由度が高い高機能マルチコイル充電器まで
  • • 低コスト:生産量の増加に伴うコンポーネントコストの低下。IHSによると、昨年、コンポーネントのコストは20%低下しました。生産量が増加し続けているため、コストの低減も続きます。

展示会の開催中、WPCは、Qiのエコシステム拡大とQi規格の共同推進を台湾で行うために、台湾情報通信標準化協会 (TAICS)と戦略的契約を締結することを発表しました。

ワイヤレスパワー市場の成長によって、圧倒的な利益がもたらされています。今後数年の間に、この市場規模は倍増し続けることが見込まれます。IHSは、Qiワイヤレス充電に対応する携帯電話の販売台数が、2015年の1億4,400万台から2016年には2億5,900万台に増加すると予想しています。


WPC、台北で開催された展示会で500人以上のイノベーターと開発者に訴求

Leave a comment